ガオカ派

IMGP1677

朝から雨。かなりしっかり降っている。が家を出る。今日は高校も大学も先輩な方が畑に来られる。しかも姉の同級生だったらしい。といっても電話で話しただけ。ドキドキして待っていたら一台のカブが。おお、カブで来たか。この数年で農業関係のいろんな人に会ったのだが、その中でもピカイチで、いかにもな人(いい意味で)。安心してぺちゃくちゃ話すことが出来た。類は友を呼びますなぁ。地元がこっちで、大学で東京に出て、向こうで研修をして、戻ってこられたばかり。僕も同じ道で、たまたまこっちで研修をした。なので相違点がくっきりで話が早い。それにしても北関東との土の違いにはびっくりした。

盛り上がった勢いで高校の大先輩であります、僕の師匠の八尋さんのところへ行くことに。すいません、勢いです。突然の訪問にも関わらずガオカ派ができたことに喜びを感じられていたようです。ついでに春キャベツの苗と種にするムギをいただきました。ガオカ行ったって、SFC行ったって、農業したいもんはしたいんです。例外じゃなくなれば、こんなことわざわざ書きませんがね。

再び畑に戻り作業を手伝ってもらいながら話す。人間が好きなんだねと指摘してもらって、そう、人間が好きみたいですね、と。それにしてもいやー作業が早い。というか俺が遅い。一人でやっている間にすっかり腐ってしまっていたらしい。やっぱ少しは追われながらというか目標を決めてやらんといかんなこりゃ。まだ畑を探している段階でどこでするか決まってないみたいだけど、良い出会いでした。感謝。こんなブログでも書いてりゃいいこともあるもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA