アイガモを受取に

濃霧の中、ショウケ峠を越えて桂川町の古野さんのところへ。もう真っ暗なのにまだ作業をされていた。孵卵器から生まれたばかりのアイガモを受け取る。やっぱり自分のアイガモとなると愛着が違います。
豆トマトと大豆

豆トマト(マイクロトマト)は結局放任栽培。どげんなるかなぁ。まさに豆サイズでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA