Daily Archives: 2006年1月4日


大木町のきのこの里、水落さんに声をかけていただいたので大木町に向かう。西鉄電車八丁牟田駅下車。まずはぶなしめじ・アスパラガスを作っている農事組合法人モアハウスへ。農家の女性3人で経営している。「ごく普通の農家の主婦」だったらしい。こうして法人を作って従業員を雇えることになり、地域に雇用が生まれ、地域社会が存続できていることはすばらしいと思う。アスパラのハウスを見学させてもらう。研修生もいてがんばっている。有機農業と慣行農業、お互い本音を出し合う。なかなか本音で話せることが少ないので勉強になった。続いて農事組合法人ドリーム・マッシュへ。こちらは一度町に出た若い人たちが戻ってきて立ち上げた会社。とりあえずきのこで経営は安定したということで、今後は目の前に広がる田畑をどうにかしていきたいとのこと。できるだけ有機で、という話だったので今後が楽しみ。 そのまま飲み会へ。いろいろと話をする中でやはり僕は都会に生まれ育ったということで今までにない視点を提供できると思うししなければならないのだと再認識。ごちそうさまでした。...

大木町で農業法人を見学


しかし、とらえどころの無いおいしさもいくつかの構成要素に分解することによって科学的に検証できると私は思っている。 思っているだけで本を書かないでほしい。しかも会話風にしたいのか文章力がないだけなのか、頻繁に「」で相づちや疑問が挿入されている。こんな書き方ありなんだろうか。がっかり。 人間は脳で食べている伏木 亨 Amazonで詳しく見る by G-Tools ...

人間は脳で食べている