有機農業研修日記


朝一で漬け物。かじかんだ手で大根を塩もみし漬ける。塩のおかげで手はすべすべ。堆肥の残りをエンドウの畝にマルチ施肥。そのまた残りは田んぼへ。堆肥舎の片付けのため干していたタマネギを取り込む。いったん戻ってカンコロ(切り干し大根)作り。昨冬大量に作ったので手慣れたもの。おいしいおうどんをいただいて、午後はネットを乗せ畑へ。タマネギの定植を少し&支柱にネットを張り草をとっていったん戻り、みかんをいただく。白い皮をむくむかないで盛り上がっていたら、黄色い皮だって食べられそうということで食べました。いけます。その後支柱組とフルーツ組に別れる。支柱を急ぎ立て、フルーツ組に合流。キウイ、キンカン、ネーブル、伊予柑、謎の酸っぱいみかんを立て続けにいただく。なんて幸せ。作業を終え純米吟醸真澄をいただく。ああ幸せ。 ...

フルーツ


冷たい静かな雨が降る。寒い。大根は漬物用もあって洗いごたえあり。満足。再び野菜を取りに行っている間に近所の中学校の特別クラスのこどもたちが到着して大根の皮むきをしていた。少し特別なこどもたち。素直だし難しい言葉も知っている。調製の後、一緒にタマネギの皮むきをしてお昼に。午後からも時間までみかんを収穫し鶏の卵をとって帰っていった。その後みかんの収穫を続ける。1時間ほどで軽トラはみかんだらけに。戻ってひたすら磨く。この冬は例年並みの寒さ。例年並みというだけでありがたい。 ...

こどもたち


北風が吹き荒れる。道路脇で枯葉が渦を巻いている。冬だ。調製後じゃがいもとたまねぎを植える田んぼに鶏糞を施肥。風が強くて大変。冬瓜の跡地に行って草を取る。程なくトラクターが来て耕す。その間早生大蕪の間引き。さぁ後はただ大きくなるのを待つばかり。風に揺られるブロッコリーに除草をかねて土寄せ。さ、帰ろうとしたら保険会社の営業の車が道を塞いでいる。困ります。午後からは耕したところの畝立てと昨日播いた絹さやのところの支柱立て。八農の先生が到着。研修生の視察、といっても元研修生。一緒にそら豆を播いて作業を終え、様々な縁でむすばれた人たちと語り合う。 ...



朝はかなり冷え込んだ。なぜか身体がキツイ。思わずチョコレートを食べる。おお、なんだか元気になったような。収穫へ。朝露がどっぶりで冷たい。午前中いっぱいかかって調製。お昼寝でたっぷり日光浴。ポカポカ陽気なので午後からはTシャツになって作業。グリーンピースとスナックエンドウの種まき。そのために里芋を追加で掘って、残りは草を取って土を盛って畝ごと保存する。日が傾くとさすがに寒くなってくる。休憩の後は足りなかった野菜を採って、きぬさやもまいた。まだ冬野菜を満喫してもいないのにもう春が見えてきました。 ...

Tシャツ


起きたら激しい雷雨。ありゃりゃ。しばし自宅待機。7時半にようやく収まる。着いてしばらくしたらすっかり晴れる。剣道の稽古をして農大祭りへ。予想以上の人出に驚く。が開店時間が遅くやむなく収穫なしで帰り農旬会に突入。残念なことに常連さんしか来ない。おかげでじっくり収穫・料理を楽しむことができた。小学校の先生が生徒からの質問を投げかけてくれたおかげで貴重な話が聞けた。来年の計画を話し合う。もう1年か。 ...

収穫祭


野菜の調製。その後早蒔きのホウレンソウの畝の草取り。午前中いっぱいかかる。昼からは麦まき。小麦を歩きながらできるだけ均等にばらまく。覆土・鎮圧に少々手こずったけど夕方には終え、月例会の準備をする。大橋で高校の友達と飲んだ後、長電話2本。夜中変な音がすると思ったら雷。激しい雨と共にしばらく続いた。 ...



バス、地下鉄、電車で周船寺へ。降りた瞬間ゆっくり流れる時間を感じる。有料道路を走る車だけが早くて滑稽だ。そういえば一つ前の九大学研都市駅前は悲惨だった。言葉もでない。相談は、カメラが入った影響はあったのか、なかったのか、予想通り。体系的な知識が得られたのはよかった。そういうものを今でもやっぱり必要とするのです。快晴の福岡に戻って今度は南へ。いきなりご飯をいただいてから、大豆をトーミにかける。あとは沢庵漬け。前に干しておいた大根を漬け、新たな大根を抜いて洗って束ねて干す。次は140キロ。 ...

普及センター


雨が降っている。だからいつもよりだいぶ暗い。なかなか明るくならず時間を間違えたかと思う。少し仕事をして明るくなってから畑へ。収穫調製を手早く終わらせ川の畑へ。キャベツ、菜花の畝に鶏糞をマルチのように施肥。暑くて半袖になる。がすぐに雲が空を覆って寒くなる。ほうれん草の除草。種蒔きの時に水やりの手を抜くとこうなる。昼からも続けかなりすっきり。もどってできる仕事を片付ける。 ...

雨と半袖


勤労感謝な日。人通りが極端に減る。庵主不在の二日間。とりあえず収穫調製。おお、寒い。日が照りはじめると日陰はよけい冷える、気がする。昼からは指令が届き、大豆畑でまだマシな黒大豆と赤大豆を収穫し干す。配達の準備をしてなんとか一日を終える。 ...

大豆



星がキラキラと輝く中家を出る。朝から剣道の練習。コンの散歩。かつて無いほど腹を空かせた鶏が入ったとたん飛びかかってくる。お詫びに配達用の野菜を調製し出た野菜屑を山ほどあげる。あっと言う間に食い尽くす。溜まった人参でジュースを作る。うーん濃厚。午後からは胡麻、里芋の後に畝立てしキャベツを定植。人数が多くてあっと言う間。夕方は納屋の整理。 ...

甘藍


個人的事情でちと遅刻。早速糯と赤米の籾摺り準備。田んぼ隊メンバーも揃って開始。であっと言う間に終わる。そして日向で昼食。たまりません。電車で天神へ。アクロスのシンフォニーホールに飛び込んで座った瞬間指揮棒が上がる。前半は座席位置が悪かったせいか、いまいち。後半は曲も曲だけに満喫。一度家に帰り友達とラーメンを食べ帰宅。今日もオーディオで悩み続ける。 ...

至極


青梗菜、小松菜、水菜、菠薐草を洗う、洗う。で研修生だけになり、まずは残りの堆肥の袋詰め。そろそろ牛糞の季節です。干しておいた大根をもみもみ。中まで均一に乾くように。レタスの畝の除草で午前中は終わる。午後からは鶏舎で鶏糞を袋詰めして畑へ。しばらく鶏舎に入っていると鶏とかなり親しくなった気分。で休憩したら暗くなったので里芋を袋詰めして終わり。 ...

鶏糞



今日もたっぷり野菜。間引いた蕪がわんさか。スコップ持って里芋掘りへ。さつまいものツルが生き残っていてその片づけに追われる。里芋の間にさつまいもができていたりする。どっちを掘っているんだか。昼から収穫した里芋を整理し、再び畑へ。たっぷり芋ができている株はズボッと抜けてポキポキと芋をはずせて気持ちが良い。穴を掘ってワラを敷いて土をかけて来年の種芋を保管する。 ...

里芋


野菜の調製。野菜が増えて大変。指先が冷たいけど地下水だから水に手を入れているときの方が暖かい。牛蒡の後を畝立て。昨日洗った大根を4本ずつワラで束ねて干す。レタスの欠株の補植。丸々太ったネキリムシがぽつぽつと。午後は新米を精米、袋詰めしたあと畑へ。高菜を間引き、それを立てたばかりの畝に定植。おお、賢い。終わったときにちょうど雨が降り始める。慌てて鶏に行ってから帰る。Webを更新したりしておしまい。 ...

高菜


朝から雨がぽつぽつ。日が昇ると共に雲が去って晴れ渡る。でも野菜の収穫をしていたら寒い。牛蒡掘りでだいぶ暖まったけど日が陰るとすぐに冷えてしまう。午後は牛蒡掘りを終わらせ、漬物用大根の大きくなったのを抜く。こんな大根足ならいいなぁなんて思いながら回し抜く。ほうれん草の除草。上手く発芽せず手間ばかりかかる。でもがんばれ。今日から休憩は室内で。大根約60本洗っておしまい。 ...

南半球の大根



1
白菜初収穫。デカイ。まだまだでかくなるけど。水やりがんばったもんなぁ。調製後茄子の片付けへ。ときおり冬を思わせる冷たい風が吹くけど冷え込みはたいしたことない。午前中ではおわらず午後も。ゴーヤも片付けて夏の間に立てた支柱やアーチは冬眠へ。4時からかなり気合いをいれて餅拾いへ。立派な家に見とれていたらいきなり次々と餅が降ってくる。こりゃ楽しい。 ...

餅まき


名曲いいね、ライスきとむすび庵お田植え歌のヘビーローテーションを聴きながら軽トラいっぱいの野菜を調製。大根を一本一本洗う。残った時間はゴボウ掘り。すいすい掘れる。昼すぎから新米の精米、袋詰め。ようやく米作りの最終地点へ。大根の間引、中耕・除草から最後のテレビ取材。テレビ向きの答え方ができるようになった自分に困惑。少し早めにかえって家での取材に備える。カメラありの食事はすぐにお腹いっぱいに。部屋でインタビュー。ま、これでおわりと思えば。 ...

最後の取材


早く起きて講演の準備。電車で三沢駅下車徒歩5分で三国小学校到着。創立115年の歴史ある小学校だった。体育館でプロジェクタの準備。寒い。そういえば学校という場所はやたらめったら寒かったのを思い出す。丁寧に講師紹介までされて恐縮。時間配分とテーマに気を付けてお母さんうけしそうな話題も。なんとか無事おわって講演料をいただいて帰る。むすび庵から軽トラを借りて古賀へ。高速にのったら30分遅刻で済んだ。先輩研修生が新規就農した畑。参考になる。会場を移して課題を話し合う。寒かったせいか頭痛が。むすび庵に戻ったら焼肉を食べにいくことに。焼酎をいただいたら頭痛の種類がかわった。 ...

学校は寒い