塩水選&温湯消毒しました


かなりまとまった雨がふりました。冬眠して越冬したカエルが一斉に鳴き始めました。これから数ヶ月種類が変わりながらもカエルの大合唱が続きます。

DSC_0150_1

先日、種籾の塩水選と温湯消毒をしました。塩水選とは充実した種籾を選抜する方法です。塩水に種籾を入れ、浮かんだものを取り除き、沈んだものを使います。20リットルに5キロの塩でだいたい基準の比重になります。結構濃いので溶かすのが大変です。卵の浮き具合でも分かるので、改めて比重計での数値との関係を確認してみました。

DSC_0158_1

自家採種なので厳しめにして、厳選します。浮いた方に大量のヒエの種が・・・恐ろしい

DSC_0155_1

写真でも一目で分かるぐらい、はっきり違います。もちろん左のくすんだ方が浮いたもので、右のきれいな籾の方を種にします。これは区別なのか差別なのか・・・でもヒトはこうして栽培作物を選び続けてきているのです。ただ昔の人々の純粋な気持ちと今の農家の気持ちは、悲しいかなだいぶ違うのではないかと思います。

DSC_0163_1

その後60度のお湯に10分間浸けて消毒します。病原菌等々が死滅するそうです。正直目には見えないのでよく分かりません^^;これも10分間温度が落ちないように保つのが大変。

DSC_0174_1

その後種まきの日まで水に浸けて発芽を促します。根と芽がプリっと出てきたぐらいで種まきするとその後がスムーズです。もちろん出過ぎないように気をつけないといけません。

種まきした苗箱を並べる田んぼも準備が始まっています。

一言お願いします!(公開されますのでお気をつけください)