九州玄海訴訟の第1回期日


DSC_0112.JPG
朝から必死でサツマイモの苗を定植してから・・・佐賀に下り

九州玄海訴訟の第1回期日(っていうんだ、つまり裁判?)がありました。あいにくの雨。警備も報道陣も多くて物々しい感じでした。

IMG_0146.JPG
ズラーッと原告の人たちの佐賀地裁に向かう列。佐賀地裁始まって以来の人出だったみたいです。

DSC_0113.JPG
初めての裁判所、いちおう傍聴席の抽選もしてみました。見事落選で模擬裁判の会場へ

DSC04293.JPG
笑いの起こる模擬裁判でした。ここにも数百名集まっていました。

DSC04316.JPG
裁判が終わってこちらに合流して、実際の裁判の報告も。弁護士の人たちも50人ぐらい?集結してくれてすごく頼もしかったです。以前はこんなに世の中に認知されることのなかったこの活動・・・時代は変わりました。でもご覧のとおり集まるのは年配の人ばかり。平日というのもあるんだけどね。それでも約五千人の人が九電と国を相手に裁判を起こしたのです。いろいろな活動があると思うけどこれもひとつ誰にでもできることだと思います。

実際国を訴えるとどうなるか知ってますか?僕もよくは分からないけど、法務省の人と国に雇われた形の弁護士たち(多くは検事や裁判官)と、資源エネルギー庁とか経産省の人たちが対応するみたいです。話も出ていたけど、そもそも国ってなんでしょうかね。

一言お願いします!(公開されますのでお気をつけください)