広瀬隆藤田祐幸講演会 報道されない原子力の不都合な真実


佐賀市中心地まで、山を下りていく。アバンセ大ホールで講演会。佐賀の玄海原子力発電所でプルサーマルが今年中にも行われてしまいそうな今だから勉強に行きました。

原子力発電はもうどう考えたってアホらしい。というのは少し勉強すれば誰でも分かるんだけど、安全か危険かなんて判断基準は通用せず、特定の誰かのせいで止められない。そういうことは社会にはいっぱいあります。

知らない人はとりあえず知らないとね。

  • 原子力発電と言っても蒸気でタービンを回すという原始的な仕組みなんだね
  • めちゃくちゃエネルギー効率が悪い
  • 原子力発電を全く動かさなくても電気は足りてる
  • 言うまでもないけど、オール電化は原子力発電するための仕組み
  • 原発推進の真の目的は核武装
  • 全国の原発から発生する使用済み核燃料=高レベル放射性廃棄物の最終処分場がない
  • 六ヶ所村の再処理工場もすぐ埋まるしガラス固化も失敗
  • もんじゅもダメだし、そもそもプルトニウムとりだしてどうする?
  • それで仕方なくプルサーマルだそうです
  • プルサーマルは和製英語だって!
  • MOX燃料自体が危険
  • MOX燃料も当然使用済みとなって出る→500年経たないと埋めることもできない
  • 核武装に連なる計画はことごとく失敗し、今は指揮官不在で無政府状態

どういう甘い話があって(単に金?)佐賀県や玄海町(の意志決定に関わる人々)が決めたのか。そんなに良いものなのか?何と引き替えになるのか?思想や保身や見栄や意地もやっかいです。

自分を含めていい加減である人間に扱える代物でないし、なくても暮らせる暮らし方を選びたい。こんなことまでしてわいわい楽しく贅沢な生活を選びますか?とにかくプルサーマルをとめないと。もうフランスからMOX燃料を積んだ船は出たらしい。

一言お願いします!(公開されますのでお気をつけください)