有機農業の祭典へ


九州・山口各県の有機農業研究会のイベント。昨年の大分は行かなかったけど、今年は佐賀なので参加することに。行きは無料になった筑紫野鳥栖有料道路で鳥栖経由で行ってみる。会場は龍登園。農業旅館を目指しているらしい。

相変わらず大勢の人が集まってくる。でも年配の人がほとんど。もちろん学ぶことは多いけど、これではやっぱり新しい展開は見えてきそうにない。

今年は有機農業推進法を受け、基本計画を各都道府県や自治体が制定する段階に来ているのでどうしましょうというのが大きなテーマ。法律や制度など、公的なものに頼るというか、そういうのにあまり期待はしていないのだけれど、でも今まさに計画が作られようとしているときに、何もしなかったら他の誰かにいい加減なものを作られてしまうので、それなら有機農業研究会としてなんとかせにゃいかんというところ。どうしたって古いパラダイムの話しにはなってしまうけど、チャンスではあるのかなぁ。福岡の計画を提案しちゃいますか。

講演では丸秀醤油の社長さんと、自然エネルギーに取り組む東さんの話がよかった。やっぱり菌です。

会場の龍登園は社長も言われていたように、古くて大きな温泉旅館が生き残ろうと農をテーマにリニューアルし始めたところ。これからが楽しみです。

久留米の産直や蔵肆(くらし)の鶴久さんにいろいろと相談に乗ってもらえてよかった。

そんなところです。

一言お願いします!(公開されますのでお気をつけください)