デパ地下値段で売れればなぁ


夕方から用事があるので、朝からノンストップでエンドウの種まき。

畝を仕上げ、まずはキヌサヤから種まき。畝の半分は行くかなぁと思っていたら、全然余裕。同じ1dlでも種が小さめなので数が多く結局二畝ぴったりまけました。スナップエンドウは一畝半。残りと次の半分にグリーンピースの久留米豊、その残りとまた次の半分にロングピースという莢の長いグリーンピース。中途半端にはなってしまったけど四畝半エンドウ豆。畝の長さは35m前後。こりゃ収穫が大変だぞ。ただし良く出来たらね。収穫は来年の春になります。ソラマメとツタンカーメンの種まきは後日に。残りの大半はタマネギを定植予定。麦も手刈り出来る範囲でまいてみたい。ところで今日は妙にヘビが多かった。

家に帰り天神へ。大丸の上に用事があったが、地下鉄からそのままデパ地下の野菜売り場を偵察。と、まあなんという値段。驚きを通り越して完全に呆れました。それでも買う人がいるんなら別にいいんだけど。

もつ鍋を囲んだのは西日本新聞の佐藤さんとやまけんさん。食べ過ぎ飲み過ぎた。

一言お願いします!(公開されますのでお気をつけください)