九州百姓出会いの会


「九州百姓出会いの会」に初めて参加してきました。
まだ百姓ではないのだけど。

今年は第28回。参加者は30人前後。
多いときは100人ほど集まることもあったとか。
場所は熊本県の御立岬
福岡市内から下道で5時間ほどかかりました。
ひたすら3号線を南下。

福岡都市圏を一歩出ると
目に付くのは道沿いに立ち並ぶチェーン店と
それらがとぎれると広がる農地。
どんな場所でも人はできるかぎりのことをして
働き、食べ、生活しているのだが
あまりに分かりやすい一極集中、都市化の流れに
ウンザリとしてしまうのは
見方が偏りすぎでしょうか。

出会いの会はそれぞれに濃く魅力的な人たちの集まり。
圧倒されそうになる。
とは言え方々から聞こえる
「俺たちも年取ったなぁ」の声。
確かに僕の上はいきなり40代、ほとんどの人は50以上。
もちろんこれは日本の農業の正しい縮図なのだ。

いろんな問題が指摘され
厳しい現状を改めて確認することになった。
農業の問題はなんだかんだ言っても
やはり社会や国の問題で
そうなると視点が大きくなりすぎたりもするが
結局は足下からやっていくしかない。
パワー溢れる人たちに囲まれ
いろんな価値観を見せつけられたが
ぶれることの無かった自分を信じてやっていこう。

こう思えるのは農業研修の成果だなぁ。

一言お願いします!(公開されますのでお気をつけください)